株式会社LEAPH

薬局の営業権を売却するメリットについて

お問い合わせはこちら

薬局の営業権を売却するメリットについて

薬局の営業権を売却するメリットについて

2022/08/01

「もっと薬局を拡大したい」と思ったとき、多くは営業権を売却することで拡大していきます。
もちろん他の方法もありますが、なぜ営業権の売却という方法がとられているのでしょうか。
今回は、薬局の営業権を売却するメリットについて解説していきます。

薬局の営業権を売却するメリット

資金を得られる

薬局の営業権を売却して誰かが購入してくれることで、資金を得ることができます。
営業が波に乗ってどんどん拡大していけば、その分の資金が入ってきます。
もちろん資金がすべてではありませんが、資金が増えることでよりお客さんが利用しやすい薬局を作ることができるようになるでしょう。

さまざまな場所に薬局を展開できる

複数の薬局を全て自分で管理しようと思うと無理がありますが、営業権を売却することでさまざまな場所に展開することができます。
「地域の医療に貢献したい」「みんなが利用しやすい薬局を作りたい」という方にとって、営業権の売却が大きなメリットとなるでしょう。

後継者の心配をしなくてよい

もし個人で薬局を経営している場合、後継者がいないと閉業するしかありません。
それではその地域から1つ薬局がなくなることになるので、困る方もたくさんいるでしょう。
しかし、営業権を売却することでもし自分が経営できなくなった場合にも、後継者の心配をする必要はありません。

まとめ

薬局の営業権を売却するメリットは、主に次の3つです。

・資金を得られる
・さまざまな場所に薬局を展開できる
・後継者の心配をしなくてよい

当薬局では、若手薬剤師の独立開業・店舗拡大を支援していますので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。